「2(ジョギング)」

 

「ジョギング、マラソンについて」

 

 723日。

 これも塾生からよく訊かれるので、ほんの短く、23枚でまとめておきます。

「ジョギング、マラソン」についてです。

 

   *

 

 幼い頃から「かけっこ」が好きで、陸上競技でも、特に短距離・長距離走、高跳び、幅跳びが得意でした。

 その中でも特に、長距離走が大好き。長い距離を、自分のペースを考えながら走る、というコツコツスタイルが、自分の性に合っていたのだと思います。

 大学入学時(19884月)、18歳の時、部活がなくなったので、体を鈍らせないために毎日のジョギングを始めました。

 最初は5キロ位と、軽く始めました。自宅周辺、大橋の那珂川沿いのサイクリングロード付近を中心にジョギング。

 すぐに距離を増やし、10キロ、20キロ、そして20歳の頃、海外のマラソン大会に出場する前の1年間は、毎日22キロを日課としていました。

 

 その後、仕事が忙しくなり、20代後半に10キロに戻し、距離を減らした代わりに、鉄アレイを両手に持って走るようになりました。

 いわゆる「鉄アレイジョグ」です。

 その後、鉄アレイの重さが徐々に増え、代わりに距離が若干減るという感じで、今は、毎日5キロ、両手にそれぞれ2.5キロの鉄アレイを持って走り続けています。距離も、重さも、それ位でちょうどバランスが取れているようです。

 

 18歳の4月から始めたジョギングは、今や32年目。

その間、はっきりと記憶に残っている「走らなかった日」は、19889月の1日だけ(泊まりに来た友人に風邪をうつされた)で、あとは毎日走り続けています。

 よく人に、「雨の日でも走るんですか?」と訊かれますが、当たり前です。台風だろうが、大雪だろうが、走ります。

 毎日ジョギングを続けていると、そういう雨風等は全く気にならなくなります。家に帰ればどうせシャワーを浴びるのだから、その前からシャワーを浴びつつ走っているのだと思えば、大雨でもなんてことはありません。

 そして、これはごく最近まで自分で意識することはほとんどなかったのですが、ジョギングの効用というのは確かにあるようです。「体型がそのまま」「食べても体重が増えない」等々。

 大学入学時に身体検査があったのですが、身長・体重共に、今も当時の数値と変わっていません。たぶん、体脂肪率も大差ないと思います。

ジョギングの効用のようです。

 

2019723日午後530分記