「平成史」

「平成史」 

 

今少し時間があるので、「投資」に次いで塾生によく聞かれる「平成」という時代について、少しメモを作っておきます。

 

以下は、自分が実際に生きて、見聞きした事柄に基づくので、所謂、普通に世間で語られている「平成史」とは違うかもしれません。

実際、筆者は普通に語られている「平成史」にはかなり違和感をもつのがいつものことです。

 

それでも、短いものですが、筆者がこれから語る「平成史」にもそれなりの価値はあると思っています。

何せ、実際に、この目で見て、この耳で聞いて、全身で経験してきた事に基づいて語るのだから。

 

では、家族に関することは省き、自分個人の部分に限って、67枚くらいでまとめてみます。

 

   *

 

19891月に「平成」という時代は始まりました。正確には18日に始まっています。

この時、筆者は19歳になったばかりで、まだ大学1年生。芸術工学部に在籍し、大橋でジョギングと読書と家庭教師の日々を送っていました。

とにかく、その3つだけ。とても充実していました。

時代は、バブル。街中には「ソアラ」や「シーマ」のような高級車があふれ、BMW3シリーズが、カローラ並みのステータスしかもたない時代でした。

 

大学入学当初から英語の勉強のために英字新聞(ジャパンタイムズ)の購読を始めていました。

テレビは持たず(今も持っていません)。よって、外からの情報はその英字新聞を通して入ってきました。

 

19901991年(21歳)はイラクのクウェート侵攻、そして湾岸戦争のニュースでもちきりでした。

このニュースだけでなく、1990年代のニュースには主に英語で接していたので、「湾岸戦争」は「Gulf War」と表現された方が、体の奥底からしっくりときます。

不思議な感じですが、「湾岸戦争」という日本語は、どこか翻訳調のような気がします。

「戦争終結」も「This war is now behind us.」と言われた方が、しっくりときますね。

 

1992年(22歳)は、バルセロナオリンピック開催の年。興味があるのはいつもマラソンだけなので、そのニュースだけはしっかりとチェックしていました。

男子マラソンは最後まで接戦の末、森下さんが銀メダル。女子マラソンも有森さんが銀メダル。二人とも、大健闘でした。

 

1993年(23歳)は、特に記憶はありません。

1994年(24歳)は、F1ドライバーのセナが事故死し、大江健三郎さんがノーベル文学賞をとったことくらいかな。

1995年(25歳)は、windows95発売の年ですね。販売キャンペーンが凄かった。

1996年(26歳)は、アトランタオリンピックの年。有森さんがまたもや入賞し、銅メダルをとりました。

 

・・・と、ここまでは何とか世間のニュースに付いていけていたような気がします。

ところが、1995年、25歳の時に始めた塾が、とにかく忙しくなり、それはもう忙しく、忙しく、以後、世間一般のニュースに接するどころではなくなりました。

 

 以来、世間一般とはほぼ音信不通状態です。

 英字新聞はほぼ積読状態になり、代わりに『アントレ』という起業雑誌がほぼ唯一の情報源となっていきました。

 

 そして気付いたら、もう2002年(32歳)、2003年(33歳)、2004年(34歳)、2005年(35歳)。

 この頃、一体世間にはニュースなどあったのでしょうか? というくらい、ほぼ世間と没交渉の生活を送っていました。

 

 塾の仕事は一息つき、だからといって、日々のニュースなど見る気にもならず、ただ時間だけが過ぎていくような日々でした。

 

 そんな中でも、20072008年(38歳)、某大手企業の食品事件のニュースだけは覚えています。塾生の一人から、かなり詳しくそのニュースの詳細を聞いて、それでそのニュースのことが記憶に残っているのです。その時、「アラフォー」という言葉も教えてもらいました。

 でもまたそこから記憶が途切れます。2005年春から、英文学の勉強の総まとめとして『イギリス文学史』という本を書き始めて、30代後半はその調査と執筆に没頭していました。

 本当に、走って、読んで、教えて、以外の記憶はなし。

 

 20123月に、それを一応終わらせて(というか、やり続けると10年でも20年でも続けてしまいそうなので、一応7年で執筆作業を打ち切り、一応の形としました)、ほっと一息。

 でも、20代の頃からどうしても書き残しておきたいテーマがあったので、またすぐに調査・執筆の生活が始まりました。

 そして、今です。

その結果、またもや、2012年から今までの記憶はほとんどなしです。

 

 こうして振り返ってみると、平成の30年間は、何か特別なことがあったかなと考えてみても、オリンピックのマラソンで日本人選手が健闘したことくらいで、終わってしまったような気がしないでもありません。

 普通の人の生活は、昭和の時代、そう、19891月の時点での生活と、ほぼ大差がないような気がします。

 

 よく世間では「失われた30年(20年?)」とかよく言われているようですが、「それはどうかな?」といつも疑問に思います。

 そもそも19881989年の昭和の終わり頃に失われて困るようなものは無く、そうであれば、(何も失うものが無かったのに)「失われた30年」なんておかしな言い方でしょ?

 

 それどころか、僕自身の実感では、この30年、ずいぶん世界が暮らしやすくなっています。便利に、物価も非常に安くなっています。

 要は、「失われた」どころか「得たものばかりの30年という感じです。

 

   *

 

 以上、「平成史」をざっとまとめてみました。

 

 これから加筆(そして若干の修正)をすることもあるかもしれませんが、一応これを第一稿としたいと思います。

 

 2019315日記