(9月29日最新日記エッセイ)「人生最良の時、そうでなかった時」

「人生最良の時、そうでなかった時」

 

 929日火曜日、快晴!

 先程ジョギングを終え、今洗濯物を洗っています。

 その間に少し日記エッセイを書きます。勉強前のエクササイズ。

 先(811日)に書いた日記エッセイからほぼ2ヶ月が経過。

 短く、現況と今の気持ちを書きます。

 タイトルは、「人生最良の時、そうでなかった時」。

 

   *

 

 人生最良の時は間違いなく「今」。2月にキンドル本を出版してから、新たに追い風が吹いてきたように感じます。

 今の状況は、自分の人生の18歳、25歳の頃にとてもよく似ています。新しいことを始めて、それを大事に育て、大きな収穫につなげる。

 さらに今、塾テキスト執筆にも没頭中。

 20254月までにトータル8冊を書き上げる予定。これも自分の先々への投資。20年先を見ています。

 今後20年の間に社会インフラ化がさらに加速するのは、BlockchainDeep Learning技術。

 蠟燭から電灯、井戸から水道、伝書鳩から電話、電話からインターネットと、社会インフラが整い、社会は大きく変化しました。

 これからは、上2つの技術により、社会はさらに大きく変わっていきます。

 簡単に言えば、もう不要な制度・やり方等が徹底的に省かれ、効率的な社会へと変わっていくということです。

 既刊・出版予定のタイトルは、次の8冊。

 

 2020.1Pythonによるブロックチェーン基礎実装』

 2020.8『イーサリアム、スマートコントラクト基礎実装』

 2021.7AWSによるAI(人工知能)基礎実装』

 2022.4Pythonによる深層学習基礎実装』

 2023.1Pythonによるデータ分析基礎実装』

 2023.10Pythonによる仮想通貨基礎実装』

 2024.7C++の基礎』

 2025.4Javaの基礎』

 

2025年4月は、家庭教師・塾という仕事を始めてから満37年。

37年の区切りにまでに、上のまとまった仕事を残します。

 その区切りは、18歳からの仕事人生70年(~88歳)のほぼ折り返し地点にも当たります。

 とにかく、あと4年半、コツコツと執筆!

 

   *

 

塾の仕事の後は、本当にありがたい気持ちで、作家カフェバーに来て頂いているお客さんとも会い、話をしています。

 作家カフェバーは、今年で6年目。

 とにかく、ありとあらゆることに感謝の気持ちです!

 

   *

 

 タイトルが「人生最良の時、そうでなかった時」と書いたので、その後半部分についても少し触れておきます。

 人生が最良でなかったのは、とにかく、学校教育を受けていた幼稚園~高校の14年間。

 勉強が嫌いだった。いや、正確に言うなら、学校で先生から習う勉強が嫌いだった。

自分の好みで、自分のペースでやる勉強は大好きです。それは小学校低学年の時から変わりません。

嫌々でも学校に行っていたのは、多くの友達に会えたからです。今その14年間の収穫の親友が2人います。

それがあの嫌々時代の、唯一の収穫。

 

   *

 

 嫌なことについて書いた後は、また良いことに戻ります。

「今」の最良の時代に並ぶ、「人生最良の時代」についても書いておきたい。

 それは、199496年(245歳)の、塾を始めた頃の3年間。

 この時代の楽しさは、HPの他のテーマで何度も書いたと思います。

先ず、時代が明るかった。当時の伸びやかな時代の雰囲気を、今でも容易く思い出すことができます。

 大江健三郎さんがノーベル賞受賞。Windows95発売。ベンチャーブーム、アトランタオリンピック、映画『もののけ姫』公開(これは1997年)等々…。

 とにかく時代が明るかった。そして僕個人の毎日が楽しかった。

 人生最良の時代でした。

 当時の日記を読み返すと、毎日毎日が楽しくて、「よおし!今日は何をやってやろう!」的な(本当はたったの1日で劇的な変化は起こるものではないのだけれど…)、勢いのある気持ちがその文章の端々から溢れています。

 その時代に書いた長編小説『π』が、今読まれています。

 嬉しいし、色々な意味で、良かったなあと思う。

 

   *

 

 さて、勉強前の日記エッセイはこれくらい。

 洗濯物を干して、テキスト執筆の続きに入ります。

 来月からは、いよいよ『ES』の校正にも入りたい。

 自分の経験則から、何かに熱中したり没頭したりしている時は、あっという間に10年、20年が経ちます。

 今もそんな感じです。

 

2020929日 九大進学塾、作家カフェバー、メモ