「8(上がり目を残しておく)」

「常に上がり目を残しておく」

 

729日。

起床後、夏らしい雨がざっと降りました。

さっと降り、さっと上がる類の雨。

それも激しい雨。いかにも夏らしい雨。梅雨時の雨とは違います。

その雨音を聴いていると、とても幸せな気持ちになります。

幼い頃、夏休みに田舎の祖父の家で、このような雨を眺めていました。

とても贅沢な時間。夏休みの40日間、何もしなくてよかった。カブトムシを捕り、釣りに行き、川で泳ぎ、雨を眺めていればよかった――。

(宿題なんか無視していました。ああいうものは、出す方が悪い)

 

僕は四季の中で夏が一番好きです。それは、学生時代、社会人時代を通じて、ずっと変わりません。

どうしてかな――。やはり一番の理由は、短パンと半袖シャツでいいことかな。それから、幼い頃から夏休みの楽しい思い出のことを思い、いつも幸せな気持ちなれることでしょう。

・・・と様々な理由がありますが、とにかく夏が大好きです。

こういうことは、学生時代から友人達によく言っていました。仮にも、この短文を昔の友人・知人達が読んでいたら、「ああまた同じことを言っている」と微笑むことでしょう。

 

さて、今日は人生において「常に上がり目を残しておく」ということについて書いてみたいと思います。

これも、人生をワクワクするものにする秘策として、仲良くなった塾生によく話すことです。

以下に45枚でまとめてみます。

 

   *

 

このHPの他の頁でも書きましたが、人が何かの知識・スキル(他、何でもいい)を習得する際、最低7年位はかかると僕は思っています。

人により、この期間は5年、あるいは10年と、様々な意見があると思いますが、それらの平均は大体7年位とされるのが普通でしょう。

18歳までは、人には本当の意味での人生の選択権はありません。それは仕方がない。保護者の下で生活しているのだから。

でも18歳の誕生日を迎えた後は、人生は全く自分のものです。自分で稼ぎ、自由に生きることができます。18歳から88歳(まで生きると仮定して)の70年間、ワクワクドキドキする人生を送れるのです。

 

さて、一つのことをマスターするのに7年間かかるとして、その70年間で10のことをマスターすることができます。

この10という数字は、大体の数字だと思って下さい。分野によっては7年以上かかるだろうし、また7年以下で習得できる分野もあると思います。

大体、自分の人生で10個のことにチャレンジできる、そう理解していればいい、と塾生には言っています。

そして「7年間」といっても、それに本格的に取り組むのに連続7年間かかるという意味で、それを始めるまでの心の準備、下準備(基礎体力づくり or 文献集め、アイディア等のメモ書き)は、実はそれを始めるずっと前からスタートさせているものです。

ちなみに僕の場合、20代の頃から、段ボールを幾つも用意し、それぞれの段ボールにタイトルを付け、そこに少しずつ購入した本や、メモやアイディア等を入れていくのを習慣としています。

そういう、テーマ毎の段ボールが、教室と自宅に山とあります。

 

「上がり目を残しておく」というのは、自分の人生の先々で、さらに行動・表現できる分野を、多くつくっておくということです。

今取り組んでいる分野の井戸掘りが一応終了したら、次は全く新しい分野の井戸掘りに取り組む。

幾つかの井戸掘りを経験すると、井戸の掘り方が上手くなってきます。そして、全く未経験で掘った場合よりも、豊かな水を得ることができるようになります。

20代、30代、40代、50代、60代、70代、80代、それぞれのステージで、自分が行動・表現できる分野を考え、準備しておくのは、人生を愉快に生きる秘訣だと思っています。

 

   *

 

さて、これを書いている最中にふと思いましたが、僕は食事の際、好きなものを後に残して、そうでないものから先に食べるという習慣があります。

美味しいもの、楽しいことは、後にとっておきたいからです。

この習慣は、上の考え方と通じるものがあるのかもしれません。

我ながら、ちょっと微笑ましく思いました。

 

2019729日午後5