「家も塾も店も小さい理由2」

「家も塾も店も小さい理由2

 

 2020516日、土曜日。曇り。

 今日は昨日の続きを書きます。

「家も塾も店も小さい理由2」です。

 

 とにかく、シンプルで質素なスタイルが好きです。

 贅沢品は不要。

 塾が小さいという話からしてみます。

 19955月、25歳の時、自宅で塾を始めました。

 これは以前、僕が大橋で通っていた自宅塾をそのまま真似たものです。

「自分もいつかはそのような塾を持ちたい」という夢を叶えたものです。

 それでも最初は塾生の集め方が全く分からず、当然、問い合わせの電話などもなく、それまで通り、家庭教師で収入を得ていました。

 翌年、店舗不動産を借りることにしました。

 家賃ができるだけ安い物件を選びました。

 その後、さらに安い物件に移り、自宅の方も使い、現在、2教室体制です。

 店の方もまた小規模です。

 これも安い物件を手に入れました。

 このHPで何度も書いていますが、塾も店も、始める際は購入した方がいいという意見です。もちろん、その前に自宅も購入しておいた方がいい。

 ただ、40年スパンで計算して、買うより安く借りることができるなら、それもいいと思います。

 個人でやる場合、塾も店も少人数相手に、丁寧にサービスを提供するのが一番大事だから、器は小さくてもOK

 皆さん、自分の街の身近な所にある、40年、50年続いている小さな店を見て下さい。

 どれも、質素な店舗で、毎日店の前をきれいにし、営業し、良いサービスを提供し続けていると思います。

 塾や店は、やっている内に貯金もでき、それを運用したり、人によってはアパートや駐車場を経営したりして、自然と不労所得が入るようになります。

 そうなればあとは店の売上に関係なく、自分の好きなスタイルで営業を続けられます。

 そのやり方がベストです。

 

 2020516日、九大進学塾、作家カフェバー、メモ