「大人の力」

「大人の力」

 

 202052日、土曜日。

 今日は夜(23時過ぎ)の執筆になります。

 先程よく食べに行っている小さな個人飲食店に行き、奥さんと食事をしてきました。

 そこで感じたこと、考えたことを、少し書いておきます。

(それに、翌日53日追記したこともあとに載せます。内容のバランスをとるためです)

 

   *

 

 52日夜。

 結論から言うと、自分の好きなこと、信じることを、毎日休まず続けた者が勝つ、ということを改めて実感したということです。

 シンプルな結論です。

 大昔から、人生を良く生きた先人達が、口を揃えて言ってきたこと、そのままです。

 今夜、近くの人を見ていて思いました。

 夜に酔っぱらっても、とにかく翌日朝には、また新たな気持ちで、日々のルーティーンに取り組みなさい、ということです。

 朝を迎えれば、どんな人でも新鮮な朝陽と共に、新しい一日を始めます。

 人生は、自らの全く自由選択として生きられる18歳(成人)から、70年間続きます。

 その間、一つのことをずっと続けるが勝ち。

 これまで、友人、あるいは知人達の少なくない数の人達が、一時の気持ちの落ち込みや、気の迷いで自らレールを外れ、それで失敗して消えていくのを見てきました。

 みな、「一時の気の迷い」が原因です。

 人生は、(僕は短いと思っているけれど)、客観的には長いんだから。

 18歳からでも、70年間は続くのだから。

 その間、一つのことに集中せず、途中でやめると、その後は糸の切れた凧のようにふらふらとしたものになります。

 大人になると、人生の長さを知っています。

 そして、4070年間同じことを続けないと、周囲から信用されないことも知っています。

 近くの人を見て、普段からの確信をさらに深めた一日でした。

 

   *

 

 そして53日正午追記。

 昨日、メモを書いた後、YouTubeで、1980年代、自分が10代の頃によく聴いていた音楽グループの動画を幾つか観ました。

 あみん、H2Oなどです。

 彼らは、僕が受験指導を始めた5年程前から音楽活動を始めています。

 年齢は10歳程上、仕事歴では、5年程先輩ですね。

 皆、途中で色々なことがあったようですが、今でも活動を続けているようです。

 頼もしいですね。

 そして、観ていて元気が出ます。

 先日(428日)、「近隣飲食店12軒&塾2つを見続けて」と題して、自分がお手本としている、かつて自分が予備校で授業を受けた2人の先生たちの塾を紹介しましたが、この音楽グループに対してもそのような気持ちを抱いています。

 とにかく、「続けている」ことへの敬意です。

 世の中には、きちんと自分の仕事を続け、周囲の「手本」になっている人もいるということをここで紹介して、今回のエッセイを結びます。

 

 2020523日 GW34日目メモ