「春の陽気(短文)」

「春の陽気」

 

 213日、土曜日。

 晴れ。

 今日は暖かい。

 昨夜から気温が上がっていました。

 店から帰る時、近くの公園の温度計は14℃を指していました。

 毎年2月初旬頃に、はっきりと「春」の訪れを感じさせる日があります。

 今年は、今日がそうです。

 先程、ジョギングとシャワーを終え、今洗濯中。

 勉強部屋の窓を開け放っています。

 寒くはありません。

 春の気配を感じさせる僅かな風が、これまでの楽しかった様々な記憶をよみがえらせてくれます。

 文学的に言えば、「甘美な時間」です。

 

   *

 

 先月から、2049年10月までの346ヶ月間で書き上げる予定の『人生奮闘記』の連載を始めています。

 連載175回で、トータル180枚(原稿用紙)のまとまった作品にします。

 生まれてから2049年10月までの自分の人生を、細かく描いていきます。

 

   *

 

 さて、これから勉強(塾テキスト書き)。

 今日も、勉強、家の掃除、塾、店、コツコツやります。

 

 2021213日正午過ぎ 九大進学塾、作家カフェバー