「家も塾も店も小さい理由3」

「家も塾も店も小さい理由3 質素な暮らし」

 

 1月9日、土曜日。

 今日もジョギング中、結構雪が舞っていました。

 空は薄曇りですが、透けて太陽の光が眩しく輝いていました。

 昨日同様「お天気雪」です。

 昨日、ジョギング中に指が冷たくなったので、今日は手袋をして走りました。それでも鉄アレイを持って走っていると、鉄の冷たさが指に伝わり、痛い位になります。

 先程、シャワーを浴び、今、洗濯中です。

 今日も、その間に短い文章を1つ書きたいと思います。

 題して、「家も塾も店も小さい理由3」です。

 

   *

 

 昨日株価が上がったという話をしました。

 今日から「富裕層」入りをした人も多いと思います。

 おめでとうございます。

 浮かれず、質素な暮らしを続けることです。自分は金持ちになった、と慢心しないように。

 最近の統計によると、日本では50人に1人が富裕層だそうです。

 学校時代でいう、「1クラスか2クラスに1人がそういう人」ということになります。

 自分が富裕層に入ると、それまで見えていなかった景色が見えるようになります。

 特に良く見えるようになるのは、自分と同じような人、です。

 富裕層の人は目立ちません。一見、普通の人と全く区別がつきません。でも、それが分かるようになります。

 そして、それに未だ届かない人達が、いかに無駄遣いしているかが、前にも増して見えるようになります。

 外車を買う。新築の家を買う。贅沢品を買う、等々。

 富裕層の人はそんなものは買いません。だって、買おうと思えばいつでも買えるから。

 買えるようになると、もう欲しくなくなるものです。

 そういうことにはお金を使わず、自分の勉強代や人間関係作りにさらにお金を使うようになります。

 学校に通ったり、人と仲良くなれる場所に通ったりします。

 つまり、使い道がそれまで以上に自分の未来への「投資」になります。

 以上の内容は、先にこのHPで

 

「家も塾も店も小さい理由」

「家も塾も店も小さい理由2

「投資七原則」

「誤解しないように」

 

 等でも様々な角度から書いてきました。

 とにかく、幸運にも「富裕層」入りできた人は、そのことを天に感謝し、これまで以上に仕事に集中し、勉強を続け、家族や仲間達を大切にすることです。

 

   *

 

 さて、今洗濯が終わりました。

 昨日は外に干したため、洗濯物が凍ってしまいました。

 でも、その後、強力除湿器で強制乾燥させたら、きれいに乾きました。

 今日もそれでいきます。

 洗濯物はできるだけ陽の光に当てたいから。

 さて、干し終えたら、勉強開始。

 そして家の掃除、塾、店。

 いつもと同じです。

 今日も頑張ります。

 

 20211月9日ちょうど正午 九大進学塾、作家カフェバー、メモ